GDTの法則とは?人が持つ9つの欲求を使って行動を駆り立てる表現方法知りたくないですか?

「GDTの法則」について
あなたはご存知でしょうか?

別名「3×3ヘッドラインルール」とも呼ばれ
簡単に言うと

「人間のもともと持っている9つの欲求」
セールスレターの見出しやキャッチコピー、
メールの件名に利用すると読み手の反応が大きくなる法則です。

世界的に有名なセールスコピーライターの
マイケル・フォーティン氏が考えたものです。

マイケル・フォーティン氏は他にもQUESTの法則を
生み出した方です。

なぜGDTの法則を学ぶ必要があるのでしょうか?

それは

『人は感情で決定しその後理性で行動を正当化する』

生き物だからです。

そのため、商品・サービス購入であったり
人になにか行動してもらうときには

『感情を揺さぶる』ことがとても大事です。

この記事はGDTの法則について解説しました。

この記事を読んで人の欲求について
知り使えるようにしていきましょう。

GDTの法則とは?

下の表を御覧ください

Goal(目標) Time(時間をかけたくない、早く) Effort(努力をしたくない) Money(お金をかけたくない)
Desire(欲望) Greed(富や名誉が欲しい) Lust(愛・美・性が欲しい) Comfort(快適さが欲しい・不快を避けたい)
Teaser(本性) Scarcity(希少性が気になる) Curiosity(好奇心で気になる) Controversy(反社会性に気になる)

G→D→T の順で強くなります

Goal:目標

目標の段階は一番弱い欲求になります。

Time:時間をかけたくない

人はなるべく早く目標を達成したいものです。

ex:
たった一ヶ月で偏差値が10あがった勉強法
わずか2週間でスリムなカラダを手にいれることができます。

Effort:努力をしたくない

人はできるだけ楽に、簡単に目標を達成したいと思ってます。

ex:
テレビを見ながら毎月2万円稼ぐ方法
痩せるのにもうジムに行く必要はありません

Money:お金を使いたくない

人はなるべくお金を失いたくないものです。

ex:
あなたはまだお金をドブに捨てることをしているのですか?
わずか3000円で3万を稼げるようになった方法

Desire:欲望

欲望は「目標」より強い欲求になります。

Greed:富や名誉が欲しい

人は他人よりも優れていると思いたい生き物です。

ex:
日本のトップ3%しかやっていない習慣
タワーマンション最上階から見える景色を毎日みれるとしたら…

Lust:愛がほしい、性欲を満たしたい

男性の方は
「モテたい、性欲を満たしたい」
女性の方は
「美しくいたい」
「愛されたい」

欲望をもってます。

ex:
「女性の心をつかみモテモテになる方法」
「20歳と勘違いされたモチモチ肌の秘密」

Confort:快適でありたい、苦痛や悩みを解消したい

人は少なかれ悩みを持っています。
また悩みから解放されて快適でいたい
と思ってます。

ex:
「毎日朝起きて満員電車に乗る毎日にウンザリしてませんか?」
「例え今職を失っても生きていける秘訣」

Teaser:本性

一番強い欲求のことです。

注意点があります。

それは




あまりやりすぎないこと!!

やりすぎると「胡散臭いな」と
思われるからです。

Scarcity:希少性

人は期間限定、数量限定など
「限定」にとても弱いです。

ex:
「あと3日でこれが購入できるラストチャンスです」
「この価格で手に入れれるのはあと10名です」

Curiosity:好奇心

人は意外性、興味や好奇心をそそられるものが
あればとても気になります

ex:
「20代の女性の93%がやっているメイク方法とは」
「4つ星レストランの店長も唸る簡単レシピ」

Controversy:反社会性

人は常識では考えられないことや
思わずドキッとしてしまう過激なこと
にとても気になります。

ex:
「奥さんに絶対にバレない女性とのやり取り方法」
「ここから先はショックを受けるので見ないでください」

最後に

重要なことなので、もう一度伝えます。

『人は感情で決定しその後理性で行動を正当化する』

そのためまず感情を揺さぶる必要があるのです。

人間の根本的な欲求9個を多く自然に含ませることで
相手は

「面白そう、気になる」
「これ自分のことじゃないのか?」

と興味をもち心を動かすことができます。

反応のいいセールスコピーは必ずといって
いいほどGDTの要素を多く含んでいます。

まずはあなたが気になった広告やセールスレターの
キャッチコピーなどを読んで

”どこがGDTの法則に基づいてできているのか?”
をチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA