3つの脳の特徴を理解し自分と相手を操りませんか?

「明日から早起きしようと思ったけど、3日でやめた」

「商品・サービスに見向きをされない」

そんなお悩みを抱えてませんか?

答えは明確です。

「人間の元々持っている脳タイプのことを考えず
力技でやっているから」です。

これは3つの脳と呼ばれる
ポール・D・マクリーンという博士が提唱したものです。

「人間には3つの脳を持っており、この3つの脳によって
物事を判断している。3つの脳は切り離して機能することが
できない」

3つの脳は

・欲望の爬虫類脳

・感情の動物脳

・理性の人間脳

になります。

それぞれの観点からみていきましょう。

爬虫類脳

一番古い脳とされており、反射脳と呼ばれます。

主な役割は”性欲、食欲、睡眠欲など、本能的欲求を司る”

ひとことでいうと生きるための脳です。
特徴として防衛本能があります。

簡単に言うと「安全でいたい・楽をしたい・新しいことはしたくない」です。

爬虫類脳に訴えるためには
「安全・支配」のキーワードを使う。

つまり安全・楽・支配の欲を刺激することです。

ex:
「これであなたも楽して痩せませんか?」

哺乳類脳

次に古い脳とされてます。
「情動脳」ともよばれます。

感じるための脳です。

主な役割が「好き・嫌い・怒り・恐怖・嫌悪」などの
感情を司る。また、群れで行動することを好みます。

例えば
・仲間意識
・ 愛情を感じたい
・孤独を嫌う
・嫌われたくない
などです。

哺乳類脳に訴えるためには
「好き嫌い・仲間意識」のキーワードを使う

つまり孤独感・特別感・好き嫌いの欲を刺激することです。

ex:
「これをやらないとみんなから置いてきぼりになります」

人間脳

一番新しい脳とされており
「理性脳」と呼ばれております。

ひとことでいうと「考えるための脳」です。

主な役割が「成長したい・目標達成したい」などの
未来を想像することです。

人間脳に訴えるためには
「成長・成功」のキーワードを使う

つまり成功・成長したい欲を刺激することです。

ex:
「一度このスキルを身につければ生涯困る必要はないでしょう」

3つの脳を知れば身近な悩みも解決できる!

3つの脳についてイメージはつかめましたか?

「理論っぽくてよくわからない」と
思うかもしれません。

この3つの脳タイプを知るとどういう点でいいのか?

  • 相手の欲求に合わせてセールスができる
  • 自分の行動ができない理由と対処方法がわかる。

「自分の行動ができない理由と対処方法がわかる」については
例えば

タバコが健康に害があるのになかなかやめれない

ダイエットするためにジョギングを始めたが、なかなか続けられない

ことがあります。

これはまさしく
爬虫類脳>人間脳
になっているからです。

私達の脳の力関係は
爬虫類脳:人間脳=9:1です。

これは潜在意識と顕在意識の割合と
同じです。

無理にやめようと働けても
9割の爬虫類脳(潜在意識)には
勝てません。

どうすれば勝てるのか?

勝つのではなく爬虫類脳の特徴を利用することです。

それは言葉を繰り返すことで無意識に浸透させていくことです。

まず感情を司る哺乳類脳をコントロールする

具体的には「好きだ、楽しい」という感情の言葉を繰り返し
自分の中に落とし込んでいけば自然と哺乳類脳に染み付き
嫌でも行動を起こすことができるようになります。

私達人間には誰しも脳と心を持っています。

どうせなら脳と心の観点から攻めていきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA