4つの学習タイプを用いて人を心を動かす最強の伝え方とは?

「4つの学習タイプ」をあなたは知ってますか?

人間にはモチベーションが上がり行動するには4つのパターンがあります。

この4つのパターンを利用して伝えると
相手は嫌でも「行動したい」と無意識に思い始めます。

今回は4つのパターンとどんな人間でも操ってしまう伝え方の型を解説いたします。

4つの学習タイプとは?

なぜタイプ

理由を求めるタイプです。

  • なぜそれをしないといけないのか?
  • それをするメリットはどんなものか?
  • やらないとどんなデメリットがあるのか?

何タイプ

背景や事実を求めるタイプです。

  • それを証明する事実は?
  • 歴史やデータはあるのか?
  • 学問上存在するのか?

どうやってタイプ

方法がわからないと行動できないタイプです。

ステップ1:〇〇をする

ステップ2:△△をする

ステップ3:□□をする

ようにステップバイステップで教えてくれると行動します。

今すぐ

理由や背景や方法はどうでもいいので聞いたら行動するタイプです。

とにかく動いてみてダメなら次の事をする人で他人の成功事例を見たら
何も考えないですぐ真似をする人です。

4つの学習タイプを使った伝え方

以下の順番で伝えてあげるとどんなに興味がない人でも無意識に興味をもち
こちらの思った通りに行動をします。

共感

”相手の悩みや現状を深く理解して自分事のように感じる”
これが共感です。

共感をして相手との大きな信頼関係を築くことが目的です。

なぜ

  • これから何を話すのか?
  • セールスの場合であれば商品やサービス

を説明します。

  1. メリットだけでなくデメリットも語る
  2. 商品・サービスの場合はベネフィットを伝える
  3. ビフォーアフターを語る

特に相手はメリットのその先にある未来(ベネフィット)を実現するのが目的です。
ベネフィットの考え方はメリットに対して”だから”を繰り返していくことです。

そのために”相手の頭の中に動画を再生させる”
つまり、五感、例え、数字を使って具体的な想像ができるようにすることが大切です。

  • 具体的な商品の説明
  • 話の内容の詳細

を説明します。

  1. それはどんな成り立ちで誕生したのか
  2. どういう内容なのか

を証拠を出して相手に納得してもらいます。

どうやって

  • その商品をどうやって手に入れるのかができるのか?
  • 相手を行動させる具体的な方法

を丁寧に伝えます。順番やポイントを書いていくことが大切です。

ex:

〇〇をクリックする

決済画面に映る

お名前や住所を入力する

決済後返信メールからリンク先にアクセスする

登録フォームに入力する

連絡をまつ

今すぐ

今すぐやることを伝えます。

”人間はなかなか行動しない”ものです。
希少性(人数や期間の限定)に訴えかけましょう。

まとめ

なぜ今すぐをもう一度伝えます。

”人の記憶は完璧でなくすぐに忘れてしまう”ものです。

再度ベネフィットを説明し今行動しないといけないことを示しましょう。

最後に

大事なことは相手にとってもらいたい行動を意識して
そこから逆算して考え伝えることです。

どんなことでも目的がなく相手に伝えるのは
ただのオナニーと同じです。

4つの学習タイプを理解し相手に突き刺さる伝え方をしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA